物販

【輸入ビジネス系の本】"実はとっても簡単 儲かる輸入部門のつくり方・はじめ方"

2020年10月19日

【レビュー】実はとっても簡単 儲かる輸入部門のつくり方・はじめ方 by 大須賀 祐

物販系の本、5冊目。

何も考えず、検索で出てきた本。

読んだ後に調べて知ったが、

実は輸入ビジネス界において、第一人者的な存在。

有名人の著書でした。

 

『実はとっても簡単 儲かる輸入部門 のつくり方・はじめ方』

 

実はとっても簡単 儲かる輸入部門のつくり方・はじめ方 by 大須賀 祐【読んでみて】

 

要約

・B to B を基本に書かれている。

・既存の企業で、もう一本の柱を作った方が良いというようなニュアンス。

・もちろん、個人でも始めれる。

・初期費用は、100万円と考える。

・”海外の展示会に行き、商品とともに、ビジネスパートナーを見つける”というのが一番の根幹。

⇒信頼が一番重要。

・海外には、沢山のまだ知らない商品がある。価格は自分で覚悟を持って決める。原価の5倍以上で販売すべし。

・できれば、販売独占権を獲得。以外に、簡単に獲得可能。

・商品とビジネスパートナーを見つけたら、日本の展示会で出品し、販路を獲得する。

・契約成立後は、商品発送され、日本での受け取りなどなどの一連の作業はフォワーダー(運送貨物取扱業者)に依頼し任せる。

フォワーダー(運送貨物取扱業者):運送から通関まですべてを一貫して請け負ってくれる運送業者

・海外の展示場に行って、商品の見つけ方や、交渉方法。商品を見つけてから、日本での広め方。

その他、問題点や方法などの、細部の説明をしてくれています。

 

感想

小さく輸入ビジネスを始めようとしている私からは、壮大に感じた。

初心者の私には、早いかなという感じがしました。

 

ただ、既に企業のオーナーで資金力があり、

事業のもう一本を見つけようとしている方には魅力的なのだろうなと思いました。

 

また、これで、人生を好転させる!!!という覚悟を持った人。

こういう生きるか死ぬか掛けるという人にも良いのだろうなと思いました。

そういう場合は、絶対、著者の大須賀 祐さんにコンタクトを取って、

コンサルをしてもらわないと、かなりリスキーと思いました。

 

物販輸入系の本で今の所、

私の一番のお勧めです。

初心者に凄く良いと思います。良ければ参考までに

こちらもCHECK

【初心者は必見!!】良書:いちばん儲かる amazon輸入ビジネスの極意

物販系の本、3冊目を読み終わりました。 個人的に、高評価! 『いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意』 いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意 posted with ヨメレバ 竹内亮 ...

続きを見る

 

-, 物販

© 2021 リトン89号 Powered by AFFINGER5