パソコン メモリ

パソコンの”メモリの増設”を考え始めた方用のページ

2020年5月18日

メモリ増設

 

理由は、色々だと思いますが、

「パソコンが遅くなったので、メモリの増設をして快適にしたい」

「オンラインゲームで、推奨されているメモリ数に増設したい」

「メモリ解放ツールを使っても、すぐメモリを圧迫する」

と思っている方、または、それに近い方が
具体的にどうしたらいいかをお伝えできたらと思います。

・自分のPCはメモリの増設ができるのか?
・どのメモリを選べばいいのか
・実際のメモリの増設方法は?

 

そもそも、自分のパソコンはメモリの増設が可能??

 

お使いのWindowsが32bitか、64bitかでメモリの増設できる容量の限界が決まります

 

①パソコンは、32bit版64bit版か?

<32bitの場合>
・最大メモリ搭載可能容量:4GB
 →拡張スロットがあるパソコンで、4GB以上装着してもパソコン自体が4GBまでしか認識しません。注意が必要です。

<64bitの場合>
・最大メモリ搭載可能容量:最低16GB
 →16GBは確実に、搭載可能。最高水準のゲーミングPCが欲しいなど、よっぽどがなければ16GB以上、搭載する場合がないと思うので、64bitの場合、拡張しても大丈夫です。

 

②32bit版か64bit版の確認方法

ショートカット「ウィンドウズマーク」+ 「Pause」でシステムのプロパティ画面が開きます。

システムの種類で、確認可能です。

32bitは、最近ではほぼ、見なくなってきていますが、3年前以前のパソコンはまだ32bitのものがあります。
その場合、どんなに頑張っても4GBまでしか、拡張が難しいのです。32bitパソコンで、すでに4GBのパソコンは、拡張が出来ません。パソコンを購入を検討するのが賢明です。

メモリの選び方

メモリの選び方の一番簡単な方法は、今現在パソコンに物理的に刺さっているメモリを
確認して、”型番”と”開きスロット”を確認する事です。

→参考「『パソコンのメモリ』確認方法

 

もし、パソコンの物理的な中身を見ずに確認する場合は、以下の手順で可能です。

①DDR3か、DDR4メモリか?

メモリの規格です。現在は、ほぼほぼ、DDR3-****かDDR4-****の二択です。
DDR3は少々前までのパソコンの主流。
DDR4は、最近のパソコンはほぼこれです。

「CPU-Z」というフリーソフトを以下からダウンロードして、インストールします。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/cpuz/

実行すると、以下画面が起動し、「SPD」タブを開くと、DDR4と記述されています。このパソコンに関しては、「DDR4-2666」で「8GB」ということが分かります。「DDR4-2666」の規格メモリを仕入れれば、動かなかったということは、まずありません。

補足:「DDR4-2666」は別名で、「PC4-21300」とも呼ばれます。どちらも同じメモリを示します。呼び方が違うだけです。これが少し混乱するところです。相対表をまとめているので、参考ページを確認してみてください。

→参考「メモリ規格の相対表

②ノートパソコンか、デスクトップパソコンか

ノートパソコンと、デスクトップパソコンの場合、同じDDR3でも、物理的な大きさが異なりますので注意が必要です。

ノートパソコンの方が、メモリの横幅が短くなっています。

一体型デスクトップPCもノートパソコン用の場合があるので、不安であればタスクマネージャーで確認可能です。

☆ショートカット:キーボード [Ctrl]+[Shift]+[Esc] キーを同時押しで、タスクマネージャ起動。

タスクマネージャー→パフォーマンス→メモリ

フォームファクター:DIMM(デスクトップPC用→長いメモリ)SO-DIMM(ノートPC用→短いメモリ)

③メモリが刺せるスロットは何ヵ所あるか

現在何か所のスロットを使っているかで、メモリの容量がいくらのものを何枚、必要になるかの判断基準となります。

タスクマネージャーで、スロット数と、何スロット使っているかが確認できます。

以下の場合は、2/2なので、「2スロット」中、「2スロット」を使っている。ということが分かります。

④メモリの合計容量を何GBにするか?

おすすめは4GB×2枚の8GB。ゲーミングPCで使用なら8GB×2枚の16GB

あとは、新品か中古で購入するだけです。メーカーや値段等、以下が参考になるかと思います。

①~④で確認後、以下ページを参考にメモリを選ぶと、

選びやすいと思います!

↓↓↓↓

→参考「DDR4とCP4、DDR3とCP3の規格相対表

 

具体的なメモリの増設方法

「メモリの選び方」でメモリの種類がわかったら、以下記事を参考に
メモリの増設を行ってください。増設する方法は、かなり簡単です。
どのメモリかの選定が終わっていれば、あとは、マザーボードのメモリをさせるところにさすだけです。

メモリの増設方法

メモリ
参考【メモリ】交換・増設・取付のやり方

パソコンのメモリの増設や追加は、思っている以上にかなり簡単です。 マザーボードの規格に合っているメモリが何かを調べて、メモリを買い増設をしてみは?? 4GBのパソコンが5千円かからないくらいでメモリを ...

続きを見る

 

まとめ

  • メモリを増設するには、32bit版か、64bit版の確認が必須。増設できるメモリ容量の限界があり、32bit版は4GBが限界。
  • 増設できる、メモリの型番の確認が必要。DDR3か、DDR4か。
  • ノートパソコンと、デスクトップパソコンでは、型番が一緒でも、メモリの物理的な大きさが違う。
  • メモリを何ギガのものを何枚にするかを決める。
  • 上記の確認が取れ、上記仕様を満たしたものであれば、あとは、拡張スロットにさすだけ。

 

-パソコン, メモリ

© 2021 リトン89号 Powered by AFFINGER5